Service

ロレックス サービスカウンター

ひとつひとつの腕時計が卓抜した精度や性能、そして本来の美しい外観を保ち、末永くご愛用いただけるよう、ロレックス ブティック 六本木ヒルズでは「サービスカウンター」を併設しています。

カウンターには日本ロレックスのトレーニングを受けた専門スタッフが常駐し、日頃のお手入れ方法から、オーバーホールなど様々なご相談を承ります。また、日本国内に6箇所あるロレックスのサービスセンターと同様に安心のアフターサービスをご提供します。

ロレックス サービスカウンター

ロレックスのオーバーホール

ロレックスの時計は耐久性と高性能を兼ね備えた、複雑な精密機器です。その精度、信頼性、そして優美さを保ち、永年にわたりご愛用いただくため、ロレックスのオーバーホールは行われます。
ムーブメントは分解・洗浄され、再度、綿密に組み立てられます。ケースとブレスレットには、その輝きを取り戻すため、非常に精緻な仕上げが行われます。時を刻む精度および防水性においては、厳しい検査が行われ、ロレックスに求められるレベルの品質と信頼性を保証します。

オーバーホールの主な工程

分解と組み立て
ケースから、ムーブメントが取り外されます。ムーブメントは完全に分解され、各部品は洗浄液で超音波洗浄されます。ロレックスの時計技術者がムーブメントの各部品の状態を綿密に検査し、交換が必要な部品を特定します。部品は、スイスのロレックス本社から供給される純正品のみが使用されます。その後、部品の摩擦や摩耗を最小限に抑えるため、高品質な潤滑油を使用し、ムーブメント各部に注意深く注油します。これにより、お客様のロレックスは、高い精度を保ち続けます。
研磨
ムーブメントと同様に、ケースとブレスレットも細心の注意を払って取り扱われます。洗浄後、ケースとブレスレットは丁寧に点検され、専門の技術者による研磨と超音波洗浄を経て輝きを取り戻します。
防水検査
規定の水圧に耐えられることを確認するために、時計のケースは厳密に検査されます。3つの工程:減圧試験・加圧試験・ケース内の結露を確認する検査によって、ケース内に入り込むごくわずかな水分も見逃しません。
最終検査
各工程において厳密な品質チェックをクリアしたロレックスは最終品質検査が行われます。最終検査では最高の品質を保証するため、自動巻きの持続、数日間にわたる精度の計測検査、そして外観においても基準を満たしていることを再度確認します。